しみそばかす消す化粧品

しみそばかすを消す美白成分ならハイドロキノン

年齢を重ねると、しみそばかすが出てきやすくなる部位があります。それが、胸元、背中です。この部位は、基本服に隠れているケースが多いのですけど、それでも気になる人には気になりますよね。年だからとあきらめたくはありませんし。

 

 

ちなみに、胸元、背中は皮脂分泌が多いために吹き出物が出来やすいそうです。にも関わらず、顔と比較して肌のターンオーバーが遅いのが特徴なんだそうです。その為、背中や胸元はニキビなどで皮膚が炎症を起こしやすく、色素沈着が長引いてしみそばかすになってしまう場合があるんです。

 

その長引くしみそばかすの解消に、ハイドロキノンが効果的です。この部位は、紫外線にさらされる事も少ないはずですので、酸化の心配もそれほどないかもしれませんよね。また、この場合は、一般的にトレチノインを併用するといいみたいですね。トレチノインは、胸元、背中にとても効果的に作用する成分だからです。

 

トレチノインのターンオーバー促進作用とハイドロキノンの漂白作用を合体させることで、肌が再生+肌が白くなると実現するのですよね。また、トレチノイン使用後
とても乾燥するので、保湿効果の高い基礎化粧品を使用するなどしておいてください。

 

その時は、ビーグレンを使用してみてください。ボディに出来たシミも基本的には顔に出来たしみそばかすと同じ仕組みになりますので。ただ、刺激に弱い部分もありますので、刺激を感じる事もないとはいえませんから、注意が必要ですけどね。


しみそばかすが薄くなる美白成分ハイドロキノンは浸透しにくい

ハイドロキノンが、単体では皮膚の内部にまで浸透しにくい物質である事はご存知ですか??

 

いくらしみそばかすが消える効果があるとはいえ、浸透しないのでは意味がないですからね。そこで、ケミカルピーリング、トレチノインを使った治療と一緒に用いる方法が主流となっているんです。その中でも注目するべき成分が、トレンチノインですね。

 

そもそも、トレンチノイン治療というのは、肌のターンオーバーを促進させるものです。そのターンオーバーの力によって肌に浸透しにくいというハイドロキノンの欠点を補うわけです。結果として、美白効果をより高めるわけですね。

 

トレチノインはビタミンAの誘導体で、生理活性が、ビタミンAの100〜300倍あるといわれています。主にニキビ治療やしみそばかす治療に用いられています。トレチノインを治療は、肌の表面にある角質を一度はがして、ターンオーバーを促す方法なんだそうです。

 

その事から、しみそばかすだけにとどまる無く、たるみ、しわの改善にもつながるのだそうです。

 

手法としては、トレチノイン→ハイドロキノンという塗り方です。トレチノインは、皮膚を剥離する作用があるので、使い始めは肌が乾燥したり、赤みがかったりしますけど、問題ないので安心してください。

 

 

また、この手法の難点として、肌に対する刺激性が強いという事です。使用するときは、専門医と相談する必要がありますね。間違っても個人的に使用しない方がいいです。どんな肌トラブルを抱えるかもしれませんので。辞めてくださいね。

 

トレチノインと併用したいハイドロキノンのおすすめ化粧品ですが、個人的にはビーグレンをおすすめしたいですね。私の肌の場合は、少しずつ肌のトーンが明るくなってくるのを感じました。


しみそばかすを薄くするハイドロキノンの副作用とは

しみそばかすを消す効果のあるハイドロキノンですが、副作用がある成分であることを知っている人は多いと思います。どんなにいい成分でも、副作用があると、どうしても気をつけないといけない事がでてきますよね。それでは、ハイドロキノンの副作用には、どんなものがあるのかって事です。

 

代表的なものは、肌の色が必要以上に抜けてしまう白斑ですね。その他にも、赤み、かゆみヒリヒリ感などもあげられます。実は、この副作用はハイドロキノンの濃度や酸化の度合いに大きく左右されているのです。基準としては、「2%」です。化粧品の中に配合されているハイドロキノンが、2%以下の場合は、刺激性も少なく、安心して使用することができるそうです。

 

ですが、皮膚科などに通うと、どうしても、それ以上の高濃度のハイドロキノン配合の薬を渡されると思います。それは、しょうがないですね。高い効果を狙ってのものですので。

 

ただ、市販のものでお勧めなのがビーグレンなんです。ビーグレンは、配合率が1.9%と低いのですけど、独自の技術を使用する事で、皮膚科医が処方する4%レベルのハイドロキノンクリームと同等の美白効果が実証されているのだそうです。すごいですよね。

 

皮膚科と同レベルの安心できる化粧品というわけなんです。
また、ビーグレンを購入した時は、冷蔵庫で保存するようにしてみてくださいね。そうすると、化粧品が良い状態を長い間、良い感じに保つ事が出来るとらしいです。時間の経過とともに、色も変化して来ると思いますので、まめにチェックするようにしましょう。


しみそばかすが薄くなる成分ハイドロキノンは危険?

ハイドロキノンは、美白効果の高い物質なんですが、結構不安定な物質でもあります。また、ハイドロキノンには発がん性のリスクがあるのではないかという指摘があるのだそうです。これは、根拠のない話ではなくて、アメリカの食品医薬品局が動物実験をした結果、ハイドロキノンには、発ガン性のリスクの可能性があるという指摘が出ているほどなんです。

 

具体的にいうと、ハイドロキノンには変異原性という生物の遺伝情報に変化をひきおこす作用があるみたいで、そこが発がん性リスクの根拠となっているのです。こういう事情があるので、ハイドロキノンを使用した化粧品の販売を認めていない国なんかもあるみたいです。

 

仮に、販売を認めている国であっても、化粧品に配合されるハイドロキノンの濃度を安全なレベルに規制している国がほとんどです。日本では、2002年以降、市販化粧品へのハイドロキノン配合が認可されています。それも、「適切な使用を守れば」という限定が付いているのです。

 

なので、日本のメーカが製造、販売しているハイドロキノン配合の化粧品については、問題がないといえると思います。

 

結論からいえば、安全な濃度での適切な使用を守りさえすれば、ハイドロキノンによる発がん性リスクは限りなくゼロに近いレベルだといえるでしょうね。あまり怖がらずに、使用すればいいと思いますよ。

 

むしろ、よくわからないメーカが製造している化粧品を使用しない事ですね。肌を白くするために、発ガン制のリスクを背負うなんていうのも馬鹿みたいですしね。

 

 

そこでおすすめなのが、ビーグレンです。ビーグレンは、きちんとした歴史のある会社が製造、管理を行っています。本社はアメリカなんですが、日本法人もありますので。安心できる会社が関わっていると言えると思いますよ。


ハイドロキノンの副作用の症状

美白効果のあるハイドロキノンですが、副作用がある成分であることを知っている人は多いと思います。どんなにいい成分でも、副作用があると、どうしても気をつけないといけない事がでてきますよね。それでは、ハイドロキノンの副作用には、どんなものがあるのかって事です。

 

代表的なものは、肌の色が必要以上に抜けてしまう白斑ですね。その他にも、赤み、かゆみヒリヒリ感などもあげられます。実は、この副作用はハイドロキノンの濃度や酸化の度合いに大きく左右されているのです。

 

基準としては、「2%」です。化粧品の中に配合されているハイドロキノンが、2%以下の場合は、刺激性も少なく、安心して使用することができるそうです。ですが、皮膚科などに通うと、どうしても、それ以上の高濃度のハイドロキノン配合の薬を渡されると思います。それは、しょうがないですね。高い効果を狙ってのものですので。

 

 

ただ、市販のものでお勧めなのがビーグレンなんです。ビーグレンは、配合率が1.9%と低いのですけど、独自の技術を使用する事で、皮膚科医が処方する4%レベルのハイドロキノンクリームと同等の美白効果が実証されているのだそうです。すごいですよね。

 

皮膚科と同レベルの安心できる化粧品というわけなんです。また、ビーグレンを購入した時は、冷蔵庫で保存するようにしてみてくださいね。そうすると、化粧品が良い状態を長い間、良い感じに保つ事が出来るとらしいです。時間の経過とともに、色も変化して来ると思いますので、まめにチェックするようにしましょう。

 

 

 

 

seo 対策